酵素について

体の中には、数千種類の酵素が毎日働いていて食べ物の消化を助けたり、
呼吸・運動・思考そして自然治癒力までも左右する、とても重要な働きを担っています。
酵素が順調に働いていれば、体内のさまざまな反応が迅速に行なわれ新陳代謝が活発化されます。
栄養不良など食生活の乱れていたり、年齢を重ねると酵素パワーがうまく発揮できないと言われています。

酵素は身体の中で作られ、消化酵素と代謝酵素の2種類があります。

潜在酵素 消化酵素  食べ物を体内で消化して、必要な栄養素をとりこむために必要な酵素で、
 唾液、膵液などの消化液に含まれる他、 腸内微生物が消化酵素を
 作り出します。
代謝酵素  栄養をもとに身体の各細胞を作り上げたり、 呼吸・運動に欠かせない
 化学反応に関わっています。
 また、毒を解毒し免疫力や自然治癒力にも働くなど、生命に関わる
 重要な役割を持っています。

実際には遺伝子の中の情報として、それぞれ酵素を作ることができる量が違い、生涯その量が限られています。
消化酵素と代謝酵素は同じ一つの潜在酵素から作られているので、
消化酵素はなるべく食べ物から摂り、体内で作られる酵素はできるだけ代謝酵素として、
自然治癒力などのために働けるようするのが、
免疫力の活性化に繋がると言われています。



酵素は熱に弱い!

約42〜70℃で破壊されてしまいます。
つまり、野菜・果物・肉類・魚介類を加熱して調理すると、その中に含まれる大切な酵素は破壊されてしまいます。

酵素の摂り方
 生肉  生肉は火を通した肉よりも消化がいい
 お酢や塩水に1時間くらいつけてから食べさせる
 たんぱく質を分解する酵素
 発酵食品  みそ・しょうゆ・ぬかづけ・納豆・ヨーグルト  酵母菌は様々な酵素を作り出す
 果物A  パイナップル・パパイア・キウイ・イチゴ  たんぱく質を分解する酵素
 果物B  イチジク・パパイア・バナナ  炭水化物消化酵素
 野菜  大根おろし・キャベツ・ヤマイモ  デンプンの消化酵素

ビタミンCの苦手な酵素 アスコルビナーゼ

 ニンジン・きゅうり・カリフラワー・春菊・かぼちゃ・キャベツ バナナやりんごなどには、
 アスコルビナーゼというビタミンCを破壊してしまう酵素が多く含まれているため、
 せっかく多く含まれている大根などのビタミンCを壊してしまいます。

 これらの食品は、単品で食べればビタミンCは壊れませんが、
 他の食品と一緒に切ったり、すりおろしたりして食べると、その食品のビタミンCを壊してしまいます。

 またアスコルビナーゼは、組織が著しく破壊され空気に多く触れることよってよりいっそう活性化します。
 したがって、ビタミンCが豊富な食品も、アスコルビナーゼを含む野菜や果物と一緒に、
 フードプロセッサーやすりおろしたりすると、ビタミンCは著しく破壊されてしまうのです。

 では、その解消法は・・・・
 酵素の弱点である加熱(軽く下茹でて程度でもOK)もしくは酢をかけたりすると、
 アスコルビナーゼ作用がなくなります。
 柑橘系のみかんやオレンジなどの果物やりんご酢などを混ぜ、
 せっかくのビタミンCの破壊を少なくしましょう。



GUNNの場合

 みそやヨーグルトを少量活用したり、鉄分補給もかねて乾燥イチジクなどもを活用します。
 葉野菜はできるかぎり生で、大根は煮るのではなくおろすか微塵切りを心がけています。

 根野菜を煮たあと完全にさましてから、生野菜や発酵食品を加えるようにしています。
 ニンジンはなかなか消化できないので、皮ごとおろしてから少量のオリーブオイルで炒めβカロチンの吸収と、
 アスコルビナーゼ作用を防ぎます。 
 きゅうりやキャベツなど生で食べさせたいのでりんご酢を活用しています。

上フレームが出ない場合は一旦HOMEへお戻り下さい