資料
 肥満細胞腫とは  ガンかも?しれないと言われたら・・・
 お役立ち系LINK  気づいた事のメモ書き

 抗がん剤中の血液検査データー
 生化学検査 (別ブラウザが立ち上がります)  CBC検査 (別ブラウザが立ち上がります)

多発性肥満細胞腫の治療経過記録
 2006年1月より体調が落ち着いている時は、BLOG にて日々の様子を伝えています。
 原発 外科的+プレドニゾロン
 原発発見から針生検 (2003年6月16日〜6月22日)  外科的処置から一部抜糸 (2003年6月23日〜7月2日)
 抜糸から病理結果後 (2003年7月3日〜7月29日)
 2つ目 外科的+プレドニゾロン
 2つ目発見から抜糸 (2003年10月4日〜10月20日)
 続く多発 ビンブラスチン+プレドニゾロン
 抗癌剤決断から開始 (2003年11月〜12月)  化学療法中と副作用 (2004年1月〜2月)
 抗癌剤が終了して (2004年3月〜4月)  ステロイド離脱 粘血便 (2004年5月〜6月)
 胃・大腸 内視鏡検査 (2004年7月〜8月)  引越しのため 転院 (2004年9月〜10月)
 結石 シュウ酸結晶 (2004年11月)
 再び多発 プレドニン
 続く多発 腫瘍内科医へ (2005年6月30日〜8月)  ステロイド治療 (2005年9月〜10月)
 二次診療病院 定期健診
 肝臓の腫瘤がなくなる (2005年11月)  脾臓・肝臓に腫瘤 (2006年2月)
 背部腫瘤パンチ生検 (2006年6月)
 瞼の上の腫瘤の疑い 他 定期健診 (2006年8月)  全身麻酔下、検査目的の外科切除 (2006年9月)
 乳腺部腫瘤パンチ生検 (2007年2月)  右前脚太ももパンチ生検と定期健診 (2007年4月)
 定期健診 脾臓の腫瘤検討 (2007年11月)  脾臓の腫瘤 細胞診 (2007年12月)
 定期健診 (2008年6月)  右首元 葉っぱ型にメス (2008年9月)  UP


はじめに・・・


GUNNが3歳になった2003年7月、原発の肥満細胞腫を発見、
ばたばたと手術が決まり、外へ出れない日々が続きました。

本屋へ行くこともできない、情報源はネットのみ、手当たり次第検索をかけ、
いろいろなサイトの参考となる資料や記録を読み、「肥満細胞腫」を知る事しか私はできませんでした。
知れば知るほど落ち込んでくる事もありました。
しかし、「知らずにいるほうが怖い!必ず冷静な判断ができるようになる」と私は信じ情報を必死に集めました。

はたしてガンは完治できるものなのでしょうか?
再発・転移がある肥満細胞腫、怖くないと言えば嘘になります。
ましてGUNNは多発性、生きている以上この繰り返しです。
つらい治療を強いる事になるかも?しれませんが、それでも「毎日を大切に・・・」過ごせたらと思っています。

こつこつと書いていた、このページをUPするかどうか迷う気持ちもありましたし、
こんな繰り返しを書き続けていてよいのだろうか?と思う時もあります。
周りの皆様にご心配をお掛けするだけかもしれません。
しかし、ワンコにとってマレな病気でないかぎり、
今この瞬間 「肥満細胞腫」と検索をかけ、私のように藁にもすがる思いの飼い主さんがいるかもしれません。
その飼い主さん達に少しでも参考になるように、そして、これを読みGUNNのためになる情報が入ってくる事を祈りつつ
これから先も可能な限り書きつづけたいと思っております。

尚、
このページは医療従事者ではない私が、GUNNのために調べた事です。
できる限り情報源には気をつけておりますが、不確かなものも含まれている場合もあることを予めご了承下さい。


私を支えて下さっている友人たち、日々GUNNのためにパワーをありがとうございます。
ガンに苦しみ記録をあげている、同・他犬種のサイト管理者さま達の勇気に感謝申し上げます。


2003年7月UP 2006年2月末 更新
上フレームが出ない場合は一旦HOMEへお戻り下さい