2006年08月16日
二次診療病院へ電話

右上瞼の腫瘤は、
3週間経過しても一向に小さくなる気配がない。
場所が場所なだけに・・・・ちょっと不安になってきた (^-^;

9月初旬に3ヶ月ごとの定期検診をしなければいけない
GUNNなのでその予約を含み、
二次診療病院の担当医を話をさせて頂いた。

はっきりした事は診てみないとわからないが、
今回の瞼の上はパンチは使えないと言われた。
やっぱりな〜って回答なのだけど・・・

そうなると良性か悪性か?を
判断するたまに針生検をするにしても、全身麻酔が必要。
良性だとしても、3週間消えないようだし、
これ以上大きくなってきた場合には、
角膜を傷つける可能性があるので、
検査目的で腫瘤のみを外科的に切除する方向で
考えるしかないようだ。




そうなると、万が一肥満細胞腫ならば、深部マージンがとれない可能性大。
針生検をしたあと、肥満細胞が見つかったから、マージンをとった切除も考えない訳ではない。
しかし・・・・しかし・・・・針生検のみの結果で、眼球摘出を含めた、拡大手術をどうしても考える事ができない(涙)

片目よりも、命だという思いはもちろんあるのだが・・・・
マージンが不足していた場合、再発してくる可能性と再発後の度合い?などを天秤にかけてしまう。

いろいろ調べた結果、肥満細胞腫は頭蓋骨(骨にはできない)には転移しないようだけど、酷くなると骨を溶かすようだ。
骨をも浸潤しその先にあるものをおびやかしたり、結膜(白目)や瞼の裏側などにも肥満細胞腫は転移する様子

んん ・・・・・・ 担当医と話した結果を、夜遅Daddyに報告する。

脂腺って目の上にもあるんだよな〜霰粒腫(マイボーム)の可能性も捨てがたい。
麦粒腫(ものもあらい・めばちこ)だってありえる。
前に一度右目は小さいマイボームの経験があるGUNN  ここ→

さてさて、3週間要観察をしてきた(勝手に)事が、結果良!と出るか悪と出るか・・・
2006年08月18日
いつものようにGUNNを撫でていたDaddy
「ね・・・ 俺の左手中指のところなにかある」と言われた。

ものすごく毛深い場所なので(笑)かなりわかりにくいけれど、
右首(耳よりの内側) → 米粒ほど
の大きさの腫瘤を発見 さすがDaddyだ (^-^;

右瞼上(横幅5ミリ 縦幅3ミリ)を含めても、
ある程度方針が決まっていたので、そこまでは余裕だった(爆)

しかしわすがその1時間後 。。。。。
左前足に2ミリから5ミリほど大きさのものを、
3個見つけてしまったのだ ( ̄□||||!!
さすがの私?も・・・・・思わずマジに?と倒れこんでしまった。

何秒か後に、GUNNが心配すると我にかえり
「立ち上がれ〜♪立ち上がれ〜♪ ガンダム!!!」
・・・・ と歌いだす私 な〜んか違うような気がするな??

「ね? Daddy ガンダムの歌ってこんなだっけ?」
と訳にわからない事を聞く私(爆)
「燃えあげれ〜♪ 燃え上がれ〜♪ ガンダム!!だよ」
と冷静に教えてくれる彼(大爆)




どうせ外科処置を決めたのなら、今のうちに出て!って範囲を超え、これ全部が肥満細胞腫だったら、
思い切り勢いがついてる事になる。
原発に5〜10個程度いっきに出たパグちゃん2頭を知っているけれど・・・・
この後におよんで(原発から3年)、こんなに勢いが増すものなのか?と 頭の中がグルグルグルグル。

二次診療病院の予約が来週とれた。

どれをパンチ切除にし、どれを外科的に切除するか?
基本的にその選択は二次診療病院の主治医に任せるけれど、
外科的切除なら、マージンが不足してもこれ以上はやってくれるな!という 部分があって、
それはGUNNの性格や運動能力を踏まえたうえでの一線。
今出てしまった腫瘤の位置関係とマージンについて考えてやらなければいけない。

この勢いを止めるために、2回目のビンブラかCCNUかグリベックか?!
二次診療病院の主治医は、グレード如何に関わらず、これだけいっきに出たら積極的に責める事を薦めてくるだろう。
今までは多発性肥満細胞腫に関しての治療はそうだった。
しかし・・・少しづつ進んできた獣医学、まだエビデンスがいまいちな発表が相次いでいるパグの肥満細胞腫
チャレンジになるけれど、どれをとるか悩みます。

「立ち上がれ〜♪立ち上がれ〜♪ ガンダム!!!」 と頭の中で繰り返し中 v(^o^)

・・・・・現在腫瘤 合計5箇所 
2006年08月19日
ホームドクター再診日

体重 至上最高7キロ!!!! (朝食後 うんPなし)

現在抱えている腫瘤をすべて告知
カルテの人体図・・・いや犬体図に、×と注意書きを走り書くホームドクター ふきふき"A^^; 汗
ホワイトボードに瞼上の腫瘤の切除方法を書き、説明してくれる。

二次診療病院の担当医もそうだけれど・・・・腫瘤のみの切除なら5針程度ですむかもしれないが
全身麻酔をかけなければいけないし、傷も残る。 みんな簡単に言うなよな!って感じ。
私は獣医学上そうだとわかっているし、結構冷たいところがあるから、仕方ないよなって気持ちでいられるが
目の中に入れても痛くないほど可愛がっているDaddyにとってみたら、
女の子 顔に傷 GUNNのチャームポイントである大きな目 たまらないだろうな 。。。。。

二次診療病院の予約を早めた事を告げると、正直なホームドクターはホットした顔を見せる(笑)
ひとつくらいの怪しい腫瘤なら針やパンチするまでビビらないが、
最低確認できるだけ5個ある(隠された場所にある可能性もあり)ので
二次診療病院の予約日まで、H1&H2ブロッカーを出してくれるように頼むが
何故か・・・・H2(タガメット)しか処方されず。
納得がいかない私は、H1(抗ヒスタミン剤)は?と会計後も何度も頼むが・・・・・
「二次診療病院との兼ねあいもあるから」を繰り返すばかり(怒)
二次診療病院との兼ね合いがあるのはわかるが、H2が出せてH1が出せない理由がわかない!!

結局 湿疹だとH1を出すと消えてしまうからなのだろう。
いいじゃん! 消えれたら消えたで 小さくなったら傷も小さくなるんだし。
ヒスタミンの怖さを知っている獣医師だけに、うううううぅ むかつく!!!
次回は二次診療病院から指示をだしてもらうしかなさそうだが、ホームドクターの顔を立てたのが間違いだった(怒)

11時頃帰宅 うんP君が緩い
21時 本日2度目のうんP君 軟便&粘液に変化してきてしまった。
19時ごろに食べたトマト 完全に湯向きしてごく少量しか食べさせていないのに
うんPに混じる赤い点 今日食べたトマトしかこの何日か赤く出るものを食べていないGUNN
19時に食べたものが21時にうんPとして出るか??????
慌てて試験紙で潜血反応をみるが +++   マジですか? いや トマトだ!!!(爆)

元気はいつもどおり♪ 夏休みの旅行をどうするのか?再度話すけれど
治療にはいったら、なかなか遊ぶこともできなくなるGUNN
今行かなければ・・・しばらくいけない 楽しもうよ! d(^-^)ネ!  GUNN

2006年08月25日
21日に軽井沢 22日には白馬へと2泊3日の
夏休み旅行を楽しんだあとに、自宅で少しのんびりとし、
本日腫瘍専門の二次診療病院へ行ってきた。

いくつか出てきた怪しいポッチは、いくつか消え
少しだけ小さくなり、
赤味が消えた右瞼上と左前足上腕部?に
小さなものひとつのみ現在残っている。
体調は・・・少し疲れたようだが、特別問題は出ていない。

はじめてお逢いする外科の先生との担当医とを交えての説明
検査目的で瞼の上の腫瘤のみ切除という形で話は決まった。
(左前足も含む)
一応、針生検をしてからの切除という形でもお願いした。

予約完了後、GUNNは通常の定期検診を受ける。
手術日当日一緒にやってくれれば、
今日預ける必要はないのに・・・と思うが仕方ない。
結果 脾臓の腫瘤変化なし、採血上
MCH(平均赤血球血色素量)→ 高値
CPK(クレアチン・フォスホキナーゼ)→高値
ではあったが問題はなさそう。
手術当日、麻酔に必要な採血は行う予定




GUNNを預けて実家へ戻ろうと車へ乗り込んだ直後、主治医であるA先生が、外へ出てきてくれ話しをして下さる。

シェルティーでも一見目の細い犬種でも眼球の大きさはほとんど変わらないそうで
パグの瞼の上の腫瘤を、どんなに頑張ったところでざっくり切ることは不可能だそうだ。
無理して切れば、いつも目が開いた状態になり痛みが伴うとか・・・
「命と引き換えなら、眼球なんて」という言葉に獣医師としてだけの言葉を感じる。
その言葉と裏腹に、パグの多発はのらりくらり治療していけば死ぬのことはないと・・・
摘出後ぼっこりと凹んだ目に、義眼があるそうだが、入れたところで目は閉じるらしい。

命との引き換え、そのラインを引くのが難しい。 眼球摘出したはいいが・・・って事になるのはできたら避けたい。
具体的にそういった会話をしたかったのに、なんなんだかなぁ〜 ??
いろいろとつっこみたい内容ばかりで、話す気がうせてしまった。

兎に角、今回は検査目的での外科切除なのだから、病理の結果を待ってこれからを決めるしかない。

全身麻酔下でないと検査も行えない場所、くわえ血管の位置がどうとかで・・・大事をとり2泊3日の入院になる予定。
入院中のストレスで、新しい腫瘤が出来てこなければいいのだが。

何故GUNNだけこんなに・・・・ よりにもよって切り切れない場所・・・・
などまたくだらない事が私の中で繰り返される。
二次診療病院へかかるようになって、パンチ切除でもギリマージン1ミリから5ミリとれ、
多発こそしてきたが、今のところ再発(同箇所)はない。 これまでのパターンからしたら、いける! 
いろいろな状況を考えながら、行き着くところは同じ(爆)



上フレームが出ない場合は一旦HOMEへお戻り下さい