2007年04月08日
いつものように寝ようとしていた。
私が先に寝室に行くと、GUNNは何気についてきたが、
Daddyが来るのを布団に入らず私の脇で待っていた。
いつも彼を待つGUNNに律儀さを感じながら・・・
「とーちゃん今来るからね」となんとなく撫でていた。

ドキ! 右前脚になにかが触った (@_@;)
今までとは明らかに大きさが違うので、少しうろたえたが
そこは多発性肥満細胞腫 すぐに冷静さをとりもどし
まだ寝室へ来てないDaddyに呼びかける。

「ね・・・なにかある 見て!」
彼が来る間手でポイントを押さえていたのだが、
ここ!と話した瞬間に見失った。
15分ほど2人で行方?を追ったが、結局見つからず
これ以上はGUNNのストレスになると判断し、
「きっと、幻よ〜」と思い込み(笑) その日は眠りについた (^^ゞ

翌日、昼間遊びながら探した私
見つからない(謎) やっぱり幻覚か?
なにか食べ物のカスでもついていたんだろうと、現実逃避
夜になりDaddyが帰宅し、
彼が何気にいつものように撫でていた時だった。




右前脚 太もも? 表部分 

「ある」の彼のひとことで、
「そのまま手を離さないで 場所を特定するために軽く毛狩りするから」と洗面所へ走った。(眉毛きり)
Daddyに腫瘤をしっかりと押さえ込んでもらって、万が一でも突き刺さないように注意をしながら周辺を毛狩りした。
その後ゆっくりと観察  首方向の前脚付け根 5ミリではきかない・・・ブツを確認!
ふぎゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜! 経験上、極めて怪しい顔つきだ。

翌日二次診療病院へ電話、定期健診を含めた形で診察予約をとった。

2007年04月12日
二次診療病院の予約を待つ間
ありがたいことに少しだけ小さくなり、赤味も治まったかのように見えた。

たとえパンチと言えども、痛みのストレスは与えたくない。
1ヶ月ほど前に混合ワクチンを3年ぶりに打ち、
その後飼い主の帰宅でも倒れる事が続き、挙句この腫瘤の出現
直接的には因果関係はないのはわかっているが・・・
ワクチンを打った事によって、GUNNの免疫が揺れたことには
変わりないし、その判断をしたのは私・・・ 後悔しながら迷った。
しかし、今回はDaddyが私の背中を押してくれた。

「万が一、肥満細胞腫だったらガンなんだよ 
大きくなったらもっと痛い思いをさせるし、
命と引き換えかもしれないんだよ。 それでもいいの?」

迷った事が恥ずかしくもあり、
度重なる多発にもめげず冷静に判断する
彼の強さに感謝をした瞬間でもあった。 

心は決まった!




パンチ直後 3針縫合
(8ミリパンチ使用)

二次診療病院予約当日
9時半 いつものように腫瘤の告知を担当医にする。 
定期健診(エコーやレントゲン 採血など)も12月を最後にしていないので、腫瘤のパンチとともにお願いし預けた。
担当医にGUNNを抱き渡すたびに思う。 ごめんねGUNN と・・・
けれどそんな思いをGUNNにみせる訳にはいかない! 冷たく背を向け病院を後にした。

15時に電話連絡 どれくらいで来れますか?との返答に慌てる。 おやおや?
そんな心配もよそに、早々に呼ばれ暴れまくるGUNNを迎えた(笑)
担当医も心得たもので、我家がいつもお守り代わりに処方して頂く、H1&H2ブロッカー(レスタミンとガスター)も
すでに用意ずみ。 その他いつものように抗生剤も処方される。
2007年04月14日
パンチ後、患部が少し腫れているようだったが赤味はなかった。
しかし、パンチ後2日目の朝から見る見る赤味が出てきた。

前回のように局所麻酔の影響の赤紫ではないので
気になって仕方が無い (^^ゞ

まさかダリエ? 広がるなよ! と念力(笑)を送りながら
他に考えられる事を必死に探す。

感染? いや・・・抗生剤を飲んでいるもんな〜
局所麻酔の影響? いや・・・赤紫じゃないもんな〜
傷口がすれた? いや・・・毛深い箇所だし洋服着せてたしな〜
パンチの鬱血? ん? 縫合すみから軽い血がにじんでる?

もしダリエだったら、肥満細胞が飛び散っていたら・・・
嘔吐や下痢や浮腫が起きるようなら、
24時間体制の二次診療病院へ走る旨Daddyに伝え
私は眠れない夜を過ごした。

が! 翌朝には嘘のように赤味がひいた(爆)




パンチ後 2日目に出た赤味
2007年04月20日
前日の19日の夕方、病理の結果が出ているか確認の電話
北海道へ病理へ出すため、
今回飛行機のストで遅れるかも?と危惧していたが出ているとの事
いつもどおり、切除7日で病理の結果が出ていた。

皮膚腫瘤  肥満細胞腫 グレード1 
マージン部には腫瘍細胞は認められず、摘出状態良好


またもや万歳三唱!
たとえガンの肥満細胞腫でも、マージンが取れればいいんだの我家
思わず担当医と 「やったね」と笑顔をかわす(笑)
それにしても・・・毛深い箇所
運よく手に触ったラッキーに感謝だ。

マージンマイナスのため、ステロイドの服用なし!
抗生剤 H1&H2 8日で終了
抜糸はホームドクターで予定しています。







病理結果(携帯画像)
定期健診の結果 (画像診断科)

肝臓 縮小して観察される。 そのほかの所見なし
胆嚢 所見なし
脾臓 腫瘤性病変認められる。 体部 11.1× 9.3ミリ (前回 10.0 ×7.7ミリ)(初回 7.8ミリ)
腎臓 左右とも所見なし
膀胱 所見なし
腹部リンパ節 所見なし

※ 近いうちの脾臓の針生検を提案されましが、外科的切除をする肥満細胞腫が出た際に依頼する事に決めた。

心エコー 
拡張末期心室中隔厚 8.4 ミリ (前回 8.3ミリ)
拡張末期左室径 20.5ミリ (前回 20.5ミリ)
拡張末期左室後壁厚 9.2ミリ (前回 9.0ミリ)
収縮末期左室径 12.6ミリ (前回 11.8ミリ)
FS 38% (前回 43%)
肺動脈弁の逆流が観察される。 逆流速 230.9cm/sec 圧較差 21.3mmHg (前回 231.9cm/sec 27.4mm/Hg)

※ すこし進行しているかも? ホームドクターと要相談

全血球検査(CBC) 正常値以外のみ
MCH 平均赤血球血色素量 25.3pg (正常値 19.5〜24.5) ・・・ 1個の赤血球内の平均ヘモグロビン含量

血液化学検査 正常値以外のみ
Chol 総コレステロール 321mg/dL (正常値 110〜320) ・・・ 肥満や肝臓病 ホルモンの異常などで上昇

※ ステロイドを服用してないのにコレステロール値上昇 え・・・すこしダイエットが必要です(笑)




上フレームが出ない場合は一旦HOMEへお戻り下さい