2005年 8月27日
送別会などで飲み会が多くなるよとDaddyに言われ、
あ!転勤の時期かぁ〜 
GUNN千葉へ来てそろそろ1年になるんだな、
と昨年を思い出す。(苦笑) 早いよな・・・1年って。

お休みの今日、目が覚めるまで寝てたら?と、
Daddyに言っておいた。
いつもならそれでも、10時までにはお休みがもったいない!と
起きてくる(笑)
が・・・しかし 休みあけの先週は疲れたようで、
起きてきたのが昼近かった (^-^;

GUNNのステロイド日。
おなかがすいた!
といつもの時間にGUNNに起され、GUNNだけご飯。
テレビを見ながらぼーとしていたが、
おなかがすいて眩暈がしそうだった。
ん〜 健康体のわたし v(^o^)

とりあえず週末恒例の買い物へGO!
ガーデニング売り場でGUNNの好きそうな石を買ってやり、
夕方、先週に引き続きベランダプールを始めた♪
ビニールプールの中にいくつかその石を並べてやると・・・・
案の定石集めが始まった(笑)
プールから石を咥え出し、部屋の中に持ち込む (^-^;
しかし、夢中になりすぎて。
滑らかな石をツルって飲み込んでしまいそうで怖い (☆_@;)☆

結局プールでの石集めは途中で断念(爆)
今度すべらないでもう一回り大きくカツ、GUNNが運べそうな、
石見つけてあげるから待っててd(^-^)ネ!

夜は同じく週末恒例の晩酌 (^Q^)
な〜ぜか?GUNNは私におねだりをするんだよな(謎)
チーズを食べていると、のびてきて・・・。
私の口の中からでも、もらおうと必死になるし ヾ(・・;)ォィォィ
晩酌をしない私がご馳走さまをすると、私の膝へちょこんと座り、
正面の彼の様子をうかがっている(笑)
Daddyが食べれそうなものに手をだし、
呼ばれると慌てて私の膝から転げ落ちそうに降り、飛んでいく。
なんか要領が悪いような気がするけれど?
食べている彼の隣でお座りして待てば、
酔っ払いさんは結構くれると思うけどな????
オフ会でも貰える人の間をうろうろジタバタして、
いいポジションをとれないGUNNらしいのかもね
(^〇^)はははー


わたちも晩酌お付き合いするから
なにか下さいな ((o(^-^)o))
2005年 8月28日
昨日GUNNの体を弄くりまわしていた(笑)
左腰皮膚の奥底?にクリっとした感触があった。
びっくりして、Daddyにも触って貰うと・・・・
糸が残っているとホームドクターから教わった部分と似たような
さわり心地だと言い出した。
そういわれてみれば、
左太ももから腰にかけてある大きな傷の延長上。
でも・・・。
自分が縫ったところを自分で抜糸をしているんだから、
糸をそんなに取り残すだろうか?? 
それとも故意に溶ける糸を使用しなかった
ってことなのだろうか?


ステロイドが隔日になり、
目の下がまたただれ気味になってきたりと、
ステロイドの影響が少なくなってきているのでは?
と思うこの頃のGUNN。
経験上出てきやすい時期だってことがわかっているだけに、
ドキっとする。

多発してきている以上、
グレードが比較的低いパグの肥満細胞腫。
今さらひとつふたつなんなんだ!〜って思う反面、
じゃ・・・放置していても大丈夫なのね!って保証が欲しくなる。
それを聞けば、ガンなんだから 「外科的切除が一番」という
回答がかえってくることはわかっている。

7月21日に出た 右脇腹 第三乳腺部の腫瘤も変化しだした。
大きさも少しまし、赤味がひかない日々が続いている。
危険だ!と思うが・・・・次なる腫瘤と一緒にまとめて取りたい。
痛いことはできるかぎり、いっぺんにという気持ちが大きい。
しかし、この右脇腹、
第三乳腺部の腫瘤には一切ステロイドが反応していない。
ってことなのだろうか?
それとも多少効いていて、
ステロイドを減量してきたために変化があった、
ってことなのだろうか?
隔日5週間予定、完全にステロイドを切る前に、
二次診療病院への予約を入れているのだが、
生検する・しないを決めるのは私だし、
それまでの時間をかせぎ、たっぷり悩むことにしよう v(^o^)


8月1日時点の同じ腫瘤
右脇腹 第三乳腺部



上フレームが出ない場合は一旦HOMEへお戻り下さい